後遺障害事例

橈骨神経麻痺 (とうこつしんけいまひ)

1.橈骨神経麻痺とは

交通事故に遭うと、「橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)」という症状を発症するケースがあります。

橈骨神経(とうこつしんけい)とは、頚椎から鎖骨の下部を通り、腋の下を通って上腕骨の外側を回り込み、前腕の筋肉である伸筋に通じる神経です。手の甲の皮の感覚を伝達する役割を果たしています。

橈骨神経麻痺になったときに障害が起こるのは、以下の3つの部位です。

  • 腋の下
  • 上腕骨中央部
  • 前腕部

交通事故の場合、上腕骨骨幹部骨折や上腕骨顆上骨折、Monteggia骨折等をしたときに橈骨神経麻痺を発症することが多く、特に上腕中央部の麻痺につながりやすいです。

 

2.橈骨神経麻痺の症状

交通事故で橈骨神経麻痺になると、手の掌側には異常がありませんが、手の甲側に痺れが生じます。

特に、親指と人差し指との間が強烈に痺れます。

また、手首を反らすための筋肉がうまく機能しなくなるので、手関節の背屈が不可能となり、親指と人差し指を使って物を握ることが難しくなります。このような手の状態を「下垂手変形(drop hand)」と言います。

欧米では、恋人に腕枕をして眠ったときに、一時的に橈骨神経麻痺になりやすいことから、この症状のことを「Saturday night palsy(土曜の夜の麻痺)」ということもあります。

156-1156-2

橈骨神経が支配している領域は、親指から薬指の手の甲側にかけての部分なので、橈骨神経麻痺になると、その部分の感覚が無くなります。

 

3.橈骨神経麻痺の診断と治療方法

橈骨神経麻痺の診断を行う際には、上記の典型的な症状によって判定したりTinel徴候検査(チネルサイン)、針筋電図検査を実施して調べたりします。

Tinel徴候とは、患部を打腱器で叩いたときに、その先にある手や足にビリッと電気が走ったような痛みがあるかどうかを調べる神経学的検査法です。

       156-3

交通事故で橈骨神経麻痺になった場合、原因が圧迫による一時的なものであれば自然に回復します。ただしそのためには、手首や指の関節が拘縮しないようにリハビリが必要で、ストレッチ運動などを行います。また、カックアップやトーマス型の装具をつけたり低周波刺激をしたり、ビタミンB12を投与したりするケースもあります。

156-4156-5

        カックアップ装具              トーマス型装具

 

橈骨神経麻痺の症例の中でも稀な例ですが、骨折部において、末梢神経が完全に断裂してしまっているケースがあります。

その場合、完全麻痺状態となって知覚や運動機能が失われるので、観血術によって神経を縫合します。 手術では、顕微鏡を使用して細い神経索を正確に縫合していく細かい作業が必要となるため、手の専門外来にて処置を受ける必要があります。また、措置が遅れて陳旧性となってしまった場合、予後は不良です。

 

橈骨神経障害となった場合、多くのケースでは後遺障害が残りませんが、特に完全断裂の場合、処置が遅れて後遺障害が残ってしまう可能性があります。交通事故に遭われて腕や手を負傷された場合に適切な補償を受けるため、一度アジア総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。

当事務所では、福岡のみならず、九州、全国からご相談やご依頼を受け付けております。

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412