後遺障害事例

正中神経麻痺(せいちゅうしんけいまひ)

1.正中神経とは?

 正中神経とは、手にとって最も重要な神経です。  正中神経は、親指(拇指)から薬指(環指)の親指側二分の一までの手のひら側の感覚を支配し、ダメージを受けることによって、前腕部では前腕を内側に回す運動(回内)や、手首を曲げる運動(屈曲)、また、指を曲げる運動(屈曲)や親指(拇指)の付け根の筋肉(拇指球筋)に支障をきたします。

 

2. 症状  

正中神経を損傷することで起こる症状には、次のようなものがあります。

・親指(拇指)から薬指(環指)の親指側二分の一までの手のひらの感覚障害  
・指を曲げる運動(屈強)がしにくい  
・親指(拇指)の付け根の筋肉(拇指球筋)の萎縮によって、物がつかめなくなる。  
・拇指球筋が萎縮することで、指でOKサインを作ったときに、〇の形ではなく、涙のしずくのような形になる  
・手を祈るように組んだ場合、人差し指と中指が曲がらない(屈曲障害)  
・前腕を内側に回す運動(回内)が不能となることによって、肘を直角に曲げた状態で肘と前腕を固定し、手のひらを裏向きに返すことができない  
・肘の内側(曲がる部分)に疼痛がある  
・親指(拇指)、人差し指(示指)、中指(中指)の第一関節が曲がらない(屈曲障害)

3. 交通事故によって発症する場合

 正中神経麻痺の症状は、ケガ(挫傷)や骨折などの外傷により生じます。 正中神経麻痺は、損傷を受けた部位によって、傷病名が変わることがあり、交通事故では、上腕顆上骨折で正中神経麻痺を発症することが多く、また、橈骨や尺骨の骨幹部を骨折することによって前骨間神経麻痺を発症します。さらに、手関節の脱臼、骨折、手のひら部分を損傷することによって手根管症候群を発症します。

 

4. 診断  

・Tinelサイン(神経傷害がある部分を叩くと、その支配領域に疼痛がある)によって、傷害部位を特定する  
・筋電図検査  
・レントゲン(XP)画像  
・MRI検査

 

5. 治療

 まずは、保存療法がおこなわれます。   
  ・局所を安静に保つこと   
  ・内服薬の処方   
  ・運動療法の指示
 骨折や脱臼などの外傷によって手術が必要なものは、手術をおこないます。
 神経を損傷している場合には、神経剥離、神経縫合、神経移植などの手術をおこないます。
 さらに、保存療法で回復の見込みがないものや、手術では回復の可能性が低い場合には、麻痺した腱に対し腱移行手術をおこない、機能の回復を図ります。

 

6. 後遺障害等級について

 正中神経が損傷することによって、細かな作業ができなくなることから
 ・8級4号
 
 神経麻痺によって自力で関節を動かすことが困難になった場合、自力で動かせる可動域(自動運動)による測定を参考にして、後遺障害等級が認定されます。
 ・10級10号
  前腕の回内の可動域が二分の一以下に制限されているもの
 ・12級6号
  前腕の回内の可動域が四分の三以下に制限されているもの 

 重度になると、手関節や手指に強烈な痺れ・疼痛出現します。  
 ・12級12号   MRIやXP画像等で疼痛を医学的に証明できる場合  ・14級9号   疼痛を証明できないが、医学的に説明可能な場合 

 

アジア総合法律事務所では、福岡のみならず、九州、全国からご相談やご依頼を受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

 

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412