後遺障害事例

膝関節の仕組み(ひざかんせつのしくみ)

今回は、交通事故で受傷しやすい部位である「膝関節」の仕組みを、Q&A方式で、ご説明します。

 

Q1.膝関節は、どんな骨で構成されているのですか?

膝関節は、太ももの大腿骨と、すねである下腿骨をつないでいる関節です。

大腿骨と𦙾骨、膝蓋骨(しつがいこつ)の3つの骨によって構成されています。

120-1

Q2.膝関節で接している骨はどのようなものですか?

膝関節では、大腿骨と𦙾骨が接しています。

𦙾骨の関節面の形状は、ほぼ平らになっており、その上を、大腿骨の丸形の先端部分が接して滑るような動きをしています。

このように、膝関節は、平らな骨と丸い骨の組み合わせであり、動きも滑るようなものですから、それだけでは不安定な構造です。

そこで、大腿骨と𦙾骨、膝蓋骨と大腿骨の関節の内面は、「軟骨」とよばれるクッションによって覆われて、相互につながれています。大腿骨と𦙾骨の関節面には、さらに「半月板」という、もう1つのクッションもあります。

120-2

Q3.軟骨だけで膝関節は安定するのですか?

いいえ、それだけではありません。

膝関節には、軟骨だけではなく4本の「靱帯」があります。これは、大腿骨と𦙾・腓骨を硬く締め付けるベルトのようなものです。これによって、膝関節は前後左右の方向に対し、ずれを防止できて安定性が保たれます。

 

Q4.靱帯で締め付けても、膝関節は動くのですか?

はい、動きます。

靱帯は、膝関節が前後左右の方向へ動揺することを防止しているだけで、筋肉や腱の動きを阻害するものではないからです。

120-3

「膝の曲げ伸ばし運動」は、筋肉や腱の働きです。具体的には、大腿四頭筋や膝蓋腱が、膝を伸ばす働きを担っており、膝屈筋が、ひざを曲げる働きを担っています。

そして、膝関節全体は、「滑膜」という柔らかい膜のついた「関節包」という袋により、包まれています。

滑膜では関節液という水分が生成されて、膝の滑らかな動きや軟骨の栄養補給のため、重要な役割を果たしています。

このように、全体としては筋肉や腱が柔らかく動けるようになっているので、靱帯があっても膝を動かすことができます。

 

Q5.交通事故で膝関節を受傷した場合、どんな外傷がありますか?

交通事故による膝関節の代表的な外傷は、大腿骨顆部骨折、𦙾骨顆部骨折、膝蓋骨々折、半月板損傷、前十字靱帯損傷、後十字靱帯損傷、内側々副靱帯損傷です。

中でも、𦙾骨顆部骨折の場合、半月板損傷や靱帯損傷を合併することが多く、治療を施しても後遺障害が残る可能性のある重症例です。

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412