後遺障害事例

肋骨多発骨折の重症例 外傷性血胸(がいしょうせいけっきょう)

71-1

 

1.外傷性血胸とは

交通事故により、肋骨を骨折すると「外傷性血胸」という症状になることが多く見られます。

通常、人の胸腔内の内圧は、外気圧よりも低くなっています。外傷によって外から空気が入ってきたり血液が貯留したりすると、肺が虚脱あるいは縮小してしまい、強い呼吸障害につながります。

このように、外の空気が入り込むことを気胸(ききょう)、血液が貯留することを血胸(けっきょう)、2つの症状があると血気胸(けつききょう)となります。

 

交通事故で折れた肋骨が胸膜を突き破ると、血気胸になりやすいです。

 

 

2.症状

胸部痛や呼吸困難、チアノーゼ、顔面蒼白、頻脈、四肢冷汗などさまざまです。

 

 

3.治療方法

胸腔穿刺をして空気を排除する

腹腔ドレナージを使って血液を排出する

胸壁創を縫合して閉じる

 

 

 

血気胸の治療をしても、肺が萎縮して呼吸障害が残ってしまった場合には、交通事故の後遺障害が認定される可能性があります。

例としては少なめではありますが、もし心当たりがあるならば、弁護士がサポートしますので、是非とも一度、ご相談下さい。

アジア総合法律事務所では、福岡のみならず、九州、全国からご相談やご依頼を受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412