後遺障害事例

耳鳴り 5)耳鳴りの治療に関して

5)耳鳴りの治療に関して

 

聴力検査の結果、6分法で30㏈以上の難聴と診断された場合には、耳鼻科にてTRT療法を続けることがあります。

これにより耳鳴りそのものが治るとは一概に言えませんが、治療の効果によっては、日常生活で気にならない程度まで改善が見込まれることがあります。

また、聴力検査の結果、6分法で30㏈以上の難聴ではない場合、その耳鳴りは、頚部交感神経の損傷を原因としたバレ・リュー症候群の可能性があります。

 

その場合、整形外科と並行してペインクリニックを受診し、ブロック注射を受けることで改善が見込まれることがあります。

2週間に1回の通院で、2ヵ月ほどで症状が改善した、という例もあります。

 

交通事故に遭いお困りの方や、後遺障害の申請をお考えの方はアジア総合法律事務所までお気軽にご相談ください。

当事務では、福岡のみならず、九州各県、全国からご相談やご依頼を受け付けております。

 

 

【次の記事 →】

 6)まとめ

  周囲の音〔参考資料〕

 

【← 前の記事】

 1)耳鳴りとは

 2)耳鳴りが後遺障害として認定される場合

 3)難聴のレベルと後遺障害

 4)耳鳴りの検査方法について

 5)耳鳴りの治療に関して

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412