後遺障害事例

皮下気腫、縦隔気腫(ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)

【肺の構造】

人間の肺は、心臓を挟んで左右に1個づつ存在します。
肺の内側側面中央は肺門といい、肺門から気管支、肺動脈、肺静脈、気管支静脈、リンパ管、神経と連なっています。
右側の肺は上葉、中葉、下葉の3つからなっており、左の肺は上葉、下葉の2つに分かれています。
肺葉は多角形小葉が集まってその中を葉気管支が枝分かれし、一定の肺区域に広がってさらに分かれて肺胞(気道の先端にある袋でガス交換の場)となっています。

肺を直接保護する薄い膜を胸膜といい、肺部門で折れ曲がり、胸腔(肺と胸壁と横隔膜に挟まれた空間で、胸水がたまるところ)の内壁に2枚の漿膜(しょうまく)があります。この2枚の薄い膜の間に少しの漿膜を分泌し、肺が拡張や収縮するときに肺との胸壁(皮膚から胸膜までの壁のようになっている部分で、肋骨や筋膜からなる部分)の摩擦を防いでいます。
胸腔の正中部は左右の肺に挟まれており、左右の肺の間部分で、心臓、食道、気管や心臓に通じる大血管等があるところを「縦隔」と呼びます。

 

(1) 皮下気腫

① 皮下気腫とは?

皮下気腫とは皮下組織内に空気がたまった状態をいいます。
空気が侵入する経路としては、皮膚の損傷による外部からの侵入、損傷された壁側胸膜を通しての胸腔内空気(気胸)の侵入、期間・気管支損傷や食道損傷などに伴う縦隔からがあります。

② 原因

交通事故の原因となる外傷としては、特に胸部の打撲、高所からの転落、挟まれたことによる挟圧外傷で、肋骨・胸骨の骨折や肺、気管、気管支、食道などが損傷することによって発症しています。

③ 症状

胸や頚部に空気がたまり、その部位が膨らみ、強い痛みが出ます。
膨らんだ部分に触れると、雪を握ったような感じ(握(あく)雪感(せつかん))やプツプツと空気がはじける音(捻(ねん)髪音(ぱつおん))を感知します。
胸痛や呼吸困難を訴える場合もあります。

④ 診断

胸部XP、CT検査で確定診断されることが多いです。
身体所見(雪を握った感じ、プツプツと空気がはじける音)からの診断も可能です。
呼吸困難の場合には、血液検査(パルスオキシメーターの測定値(SpO2))で確定されます。

※パルスオキシメーター
パルスオキシメーターとは、指先に装着し、血液中のヘモグロビンのうち、酸素と結びついているヘモグロビンの割合を測定するもので、その測定値をSpO2(エスピーオーツー)と呼びます。

⑤ 治療

軽度の皮下気腫は、空気が漏れている状態が持続しない限り数日で回復するか、2~3週間の安静で治癒します。咳止めと鎮痛剤を使用しながらの経過観察です。
進行性で広がりの大きな皮下気腫の場合、針や管を入れ、一時的に皮膚から皮下の空気を抜く(排気)が施されることもあります。

 

 

(2) 縦隔気腫

① 縦隔気腫とは?

縦隔気腫とは、皮下気腫の一種で、胸部の中央にある左右の肺に挟まれた部位(縦隔)に漏れた空気がたまる状態をいいます。

② 原因

交通事故で胸部の気管や気管支に鈍的な損傷を受けた場合、発症することがあります。肋骨が折れて肺胞に刺さる場合なども考えられます。

③ 症状

縦隔気腫は、外部から観察することはできませんが、胸部外傷によって、胸痛、呼吸困難、チアノーゼ、皮下気腫、血痰の症状がみられます。

④ 診断

縦隔気腫では、原因となる気管・気管支破裂、食道穿孔・破裂が精査されます。
胸部XP、CT検査、血液検査の結果、診断が下されます。

⑤ 治療

内科的な治療で改善がみられない場合、損傷部位の縫合術を施します。

 

 

 

(3) 後遺障害等級について

皮下気腫もしくは縦隔気腫という傷病名では、呼吸障害を残すような重症例は多くありません
仮に呼吸障害を残すような場合には、「肺挫傷」で説明した検査方法によって立証します。

① 胸部XP、CT検査
② スパイロメトリー検査
③ 動脈血酸素分圧/動脈血炭酸ガス分圧
④ 心肺運動負荷試験(CPET)

気管・気管支破裂や食道穿孔・破裂が原因で発症した縦隔気腫の場合には、上記とは別のアプローチで立証しなければなりません
具体的には、気管・気管支破裂や食道穿孔・破裂で説明します。

 

 

アジア総合法律事務所では、福岡のみならず、九州、全国からご相談やご依頼を受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

 

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412