後遺障害事例

手根骨(しゅこんこつ)の骨折    舟状・月状骨間解離(しゅうじょう・げつじょうこつかん かいり)

舟状・月状骨間解離(しゅうじょう・げつじょうこつかん かいり)は、舟状骨(しゅうじょうこつ)と月状骨(げつじょうこつ)の間の靭帯(じんたい)が断裂するという症状です。

 

下のイラストを見てください。「舟」と書いてある部分が舟状骨(しゅうじょうこつ)で、「月」と書いてある部分が月状骨(げつじょうこつ)です。

19-1

 

正常な状態では、舟状骨(しゅうじょうこつ)と月状骨(げつじょうこつ)は、およそ30度から60度の角度で接しています。この角度が70度以上になると、舟状・月状骨間解離(しゅうじょう・げつじょうこつかんかいり)と診断されます

 

XP(レントゲン)を撮影すると、舟状骨(しゅうじょうこつ)と月状骨(げつじょうこつ)の間が2ミリ以上離れていることが確認できます。

 

(1)治療

 

舟状・月状骨間解離(しゅうじょう・げつじょうこつかんかいり)が発見された場合は、手根骨(しゅこんこつ)の配列を正常な位置に戻して、ワイヤーで固定します。

 

ワイヤーで固定する期間は、およそ6週間です。さらにその後に装具を6週間ほど装着して固定します。

 

舟状・月状骨間解離(しゅうじょう・げつじょうこつかんかいり)の発覚までに数ヶ月かかった場合は、手術が行われます。

(2)後遺障害

 

可動域制限(かどういきせいげん)が残った場合は、後遺障害として申請することができます。「可動域制限(かどういきせいげん)」とは、手の関節を動かすことができる範囲が制限されてしまうことです。

 

手関節の可動域制限としては、後遺障害等級10級10号、12級6号に認定される可能性があります。

 

また、骨折した部位に痛みが残っている場合は、疼痛(とうつう)を後遺障害として申請することができます。疼痛(とうつう)の神経症状は、後遺障害等級12級13号、14級9号の対象となります。

 

ただし、被害者が痛いと言っているからといって、直ちに後遺障害として認定されるわけではありません。痛みが生じる理由を、CT(スキャン)やMRIなどの医学的資料を用いて論理的に説明しなければいけません。資料をそろえる際には、症状に即した適切な資料を集めることが重要です。

 

説得的な資料をそろえることができなければ、後遺障害の認定を受けることはできません。

 

以上の理由により、疼痛(とうつう)を理由とした神経症状の立証は難しいと言われています。舟状・月状骨間解離(しゅうじょう・げつじょうこつかんかいり)についてお悩みの方は、交通事故に精通した弁護士にご依頼されることをお勧めいたします。

 

アジア総合法律事務所では、日頃から交通事故の解決に力を入れて取り組んでいます。福岡を始め、全国各地から交通事故のご相談をいただいております。舟状・月状骨間解離(しゅうじょう・げつじょうこつかんかいり)の後遺症でお悩みの方は、当事務所までお気軽にご連絡ください。

 

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412