後遺障害事例

手指の脱臼と骨折 中手骨々幹部骨折(ちゅうしゅこつ こっかんぶ こっせつ)

中手骨(ちゅうしゅこつ)とは、「手のひらに中央部にある骨」のことです。

下記のイラストを見てください。手根骨上部に「中」と書いてある部分が、中手骨です。

 

43-1

 

中手骨骨折には、4種類あります。

骨端線離開(こったんせんりかい)、基底部骨折(きていぶこっせつ)、骨幹部骨折(こっかんぶこっせつ)、頸部骨折(けいぶこっせつ)の4種類です。

 

骨幹部(こっかんぶ)は、「中手骨の中央部」という意味です。

つまり骨幹部骨折は、「中手骨の中央部分を骨折すること」です。

 

(1)症状

 

骨幹部骨折は、中手骨骨折の中では比較的軽い症状にとどまります。

骨のずれが少ない場合は、指が大きく変形することはありません腫れや痛みなどの症状も軽微です。

 

(2)治療

 

骨幹部骨折は症状が軽いため、いわゆる「突き指」として放置されることがあります

骨片が小さい場合は、XP(レントゲン)を撮影しても見逃されることが珍しくありません。

 

しかし、骨幹部骨折は早期の治療が大切です。

 

早期に適切な治療がなされないと、骨のずれが増強してしまいます。

骨のずれがひどくなってしまうと、症状固定後にも障害が残ることがあります。

 

交通事故後に手の甲に違和感を感じた場合は、お早めに主治医に相談しましょう。

「突き指だからすぐに治るだろう」と放置してしまうと、後に障害が残るリスクが高まってしまいます。

 

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412