後遺障害事例

前骨間神経麻痺(ぜんこつかんしんけいまひ)

1. 前骨間神経麻痺とは?

 前骨間神経は、肘辺りで分かれる正中神経の枝の一つで、親指(拇指)と人差し指(示指)を支配する神経です。この部分に損傷を受けると、前骨間神経麻痺の症状が出ます。

 

2. 症状

 ・親指(拇指)と人差し指(示指)の第一関節が曲がらない。
   ―親指(拇指)と人差し指(示指)でOKサインを作るとき、きれいな円にならず、涙のしずくのような形になる。
   -手でグーのポーズ(手を握る)をする際、完全に握りこむことができない。
 ・方形回内筋が麻痺を起こすと、肘を曲げた状態で、前腕を内側に曲げることができない。
 ・しびれはない。
   -しびれがある場合には、手根管症候群を疑う。

3. 診断

 ・涙のしずくサイン

 ・皮膚の感覚障害がないこと
 ・筋電図検査
 ・レントゲン(XP)画像
 ・MRI検査

4. 治療

 まずは、保存療法がおこなわれます。
  ・局所を安静に保つこと
  ・内服薬の処方
  ・運動療法の指示
 神経を損傷している場合には、神経剥離、神経のくびれ部分を切除・縫合する手術をおこないます。
 さらに、麻痺した腱に対し腱移行手術をおこない、機能の回復を図ります。

5. 後遺障害等級について

神経麻痺によって、親指(拇指)と人差し指(示指)の屈曲ができなくなることや前腕の回内運動が不能になることから、自力で関節を動かすことが困難になった場合、自力で動かせる可動域(自動運動)による測定を参考にして、後遺障害等級が認定されます。
 ・10級10号
  前腕の回内の可動域が二分の一以下に制限されているもの
 ・12級6号
  前腕の回内の可動域が四分の三以下に制限されているもの

 

アジア総合法律事務所では、福岡のみならず、九州、全国からご相談やご依頼を受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412