後遺障害コラム

14級9号の後遺障害認定と画像所見について

2014年03月24日 月曜日


むちうちの症状による後遺障害14級9号の認定にあたって、画像上の所見は必要ですか。


画像上の所見は必要不可欠ではありませんが、画像上の所見がある場合の方が後遺障害として認定される可能性が高くなります。

14級9号が認定される可能性のある画像所見とは、MRI検査での矢状断におけるヘルニア、骨棘、膨隆などの所見程度の画像所見や神経根の軽度圧迫所見等でも十分であると考えられます。

特に上肢の運動障害が生じるC4/5、C5/6、C6/7のレベルの矢状断で上記のような画像上の所見がないかをみていきます。

12級13号の認定における画像上の所見と異なり、横断面における明確な神経根の圧迫所見までは必要ではありません。

後遺障害でお悩みの方へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412