後遺障害事例

足趾の骨折 ジョーンズ骨折、Jones骨折=第5中足骨々幹端部骨折(だいごちゅうそくこつこつかんたんぶこっせつ)

78-1

 

 

1.ジョーンズ骨折とは

交通事故によって「ジョーンズ骨折」と呼ばれる骨折をすることがあります。

ジョーンズ骨折とは、つま先立ちになった姿勢で足を捻挫したとき、中足骨の基部に起こる骨折のことです。

この骨折形態は、サッカーやラグビー、バスケットボールなどで走行中、急に方向転換をするときなどに発生することが多いです。前足部を使ってブレーキをかけながら捻るという動作を繰り返すと、第5中足骨の後方の端と骨幹部の境界周辺に物理的なストレスが蓄積して、次第に疲労性骨折となります。交通事故では、歩行中や自転車やバイクの走行中などに足先を損傷すると、ジョーンズ骨折になりやすいです。

 

2.治療方法

ジョーンズ骨折になると、骨折部がきちんと癒合しにくく、偽関節になりやすいので、比較的難治性の症状と言えます。

78-2

 

 

骨の癒合状況が不良な場合には、低周波や超音波によって骨癒合促進刺激を行って、経過を観察します。多くのケースでは、スクリュー固定を行います。

 

ジョーンズ骨折で偽関節などの後遺障害が残ったら、後遺障害等級認定を受けることが重要です。福岡で交通事故に遭ってお困りの場合、弁護士までご相談ください。

 

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412