後遺障害事例

足根骨の骨折 足の舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折

85-1

交通事故では、足の舟状骨を骨折するケースもあります。

多いのは、バイク事故での転倒時に、足関節の捻挫に伴い、舟状骨骨折を合併するケースです。

舟状骨骨折をした場合、約3割のケースにおいて、骨が癒合不全となり、偽関節化してしまいます。

骨の癒合状況についてはCT撮影で検証します。3週間程度ギプス固をしても骨が癒合せず、偽関節化した場合には、外科手術によるスクリュー固定が必要です。

骨転位(ずれ)が小さい単独の舟状骨骨折の場合、骨癒合ができれば、後遺障害が残らず完治します。

最終的に偽関節が消えない場合や痛みが残ったケースでは、後遺障害として認定されます。

治療を施した後も痛みがある場合、3DCT撮影によって変形骨癒合を立証します。これにより、神経症状で149号や1213号の獲得を目指します。

 

舟状骨を骨折するケースも、ケガの程度によって適切な対応が必要です。これから後遺障害認定請求をされるのであれば、一度、福岡の弁護士までご相談ください。

 

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412