後遺障害事例

肩関節の構造

肩に関する後遺障害としては、「鎖骨骨折(さこつこっせつ)」「腱板断裂(けんばんだんれつ)」「胸鎖関節脱臼(きょうさかんせつだっきゅう)」「肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)」など、多くの種類があります。

 

これらの後遺障害を理解するために、まずは「肩の関節の構造」を説明します。4-2

肩の関節は、腕を自由に動かすことができるように、とても不安定な構造をしています。このため、交通事故で肩に衝撃を受けると、比較的容易に骨折してしまいます。

 

肩の構造を補強するために、関節唇(かんせつしん)、関節包(かんせつほう)、腱板(けんばん)、烏口肩峰靱帯(うこう けんぽう じんたい)が周囲を支えています。

 

 無題

さらに、肩の関節の周囲は、三角筋(さんかくきん)大胸筋(だいきょうきん)という大きな筋肉で覆(おお)われています。

 

4-3

       大胸筋

 

 

三角筋と大胸筋は、腕を上下に動かしたり、腕を水平に回す際に必要となる筋肉です。食事をしたり文字を書くときなど、日常生活の些細な動作を支えています。

 

 

 

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412