後遺障害事例

手指屈筋腱損傷(しゅし くっきんけん そんしょう)

屈筋腱(くっきんけん)とは、「手の拳(こぶし)側にある腱(けん)」のことです。

屈筋腱損傷とは、「手の拳(こぶし)側にある腱が断裂すること」です。

 

(1)深指屈筋腱(しんしくっきん)と浅指屈筋腱(せんしくっきん)

 

手指の屈筋腱には、2種類あります。

「深指屈筋腱(しんしくっきんけん)」と「浅指屈筋腱(せんしくっきんけん)」です。

42-1

なお親指には、屈筋腱は1つしかありません。

 

(2)種類

 

屈筋腱損傷には、2種類あります。

切創や挫創(ざそう)による「開放性損傷(かいほうせいそんしょう)」と、創のない「閉鎖性損傷(へいさせいそんしょう)」「皮下断裂(ひかだんれつ)」です。

 

(3)症状

 

交通事故によって屈筋腱を断裂すると、筋の収縮が骨に伝達されなくなります。

自由に手の指を曲げることができなくなり、無理に指を曲げようとすると強い痛みを感じます

 

親指以外の指には、2種類の屈筋腱があります。両方とも断裂すると、手指が完全に伸びた状態となります。

この状態になると、全く指を曲げることができなくなります

 

深指屈筋腱(しんしくっきんけん)のみを断裂したときは、DIP関節(指の第1関節)だけが伸びた状態となります。

この場合、DIP関節(指の第1関節)を曲げることはできませんが、PIP関節(指の第2関節)を曲げることはできます。

 

(4)治療

 

屈筋腱を損傷すると、多くの場合、神経の断裂を伴います。

屈筋腱と神経の修復を同時に行わなければいけないため、専門医による治療が必要となります。

 

一般的な治療としては、「腱縫合術(けんほうごうじゅつ)」という手術が行われます。

腱縫合術は、「切れた腱同士を縫い合わせる」という手術です。

 

手の外傷の治療のなかで最も難しい治療の一つであるため、正確かつ高度な技術が必要となります。

 

手術後の治療も、非常に重要です。

通常は、指を曲げる動きを改善するようにリハビリテーションを行います。

 

症状によっては、リハビリの期間が3ヵ月以上にわたることもあります。

 

 

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412