後遺障害事例

手指の脱臼と骨折 ボクサー骨折

手指の脱臼や骨折は、親指以外の指に発生することがほとんどです。

特に薬指と小指に発生することが多く、その中でも「MP関節(エムピー関節)の中枢」の症状が多く報告されています。

 

MP関節(エムピー関節)とは、指先から数えて3番目の関節のことです。

 

43-1

 

このように親指以外の第3関節の中枢を骨折することを、「ボクサー骨折」と呼びます。

ボクサーがパンチをしたときに骨折することが多いため、このように呼ばれています。

 

交通事故の場合は、強い打撃を受けた際に、とっさに手を付いて倒れることがあります。

このときに手のひらに強い衝撃が加わることにより、手指を脱臼したり骨折したりします。

 

手指の脱臼が生じた場合は、適切な治療が必要です。

脱臼とは、「関節が外れて、骨が正常な位置からずれてしまう状態」のことです。

 

このような状態を放置すると、ナックル(手指の関節)が変形してしまうことがあります。

手指の関節が変形すると、指を動かそうとするたびに痛みを伴います。

 

関節内を骨折した場合は、オペによる治療が必要となります。

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412