後遺障害事例

手の構造

手や指は、叩く(たたく)、擦る(する)、物をつかむ、握る(にぎる)など、たくさんの役割を果たしています。このような役割を果すために、非常に繊細(せんさい)な構造をしています。

 

手や指には繊細(せんさい)な知覚があり、様々な情報を脳との間でやり取りしています。そのため、交通事故でほんの小さな怪我をした場合でも、日常生活に大きな支障が出ることがあります。

 

(1)骨の名前

 

手の骨は、8つの手根骨(しゅこんこつ)、5つの中手骨(ちゅうしゅこつ)、5つの基節骨(きせつこつ)、4つの中節骨(ちゅうせつこつ)、5つの末節骨(まっせつこつ)、合計27本の骨で構成されています。

 

まず、指先から下に、末節骨(まっせつこつ)、中節骨(ちゅうせつこつ)、基節骨(きせつこつ)、中手骨(ちゅうしゅこつ)があります。

14-1

中手骨(ちゅうしゅこつ)の下に位置するのは、手根骨(しゅこんこつ)です。

 

手根骨(しゅこんこつ)は、8個の骨で構成されています。舟状骨(しゅうじょうこつ)、月状骨(げつじょうこつ)、三角骨(さんかくこつ)、豆状骨(とうじょうこつ)、大菱形骨(だいりょうけいこつ)、小菱形骨(しょうりょうけいこつ)、有頭骨(ゆうとうこつ)、有鉤骨(ゆうこうこつ)です。

 

(2)三角線維軟骨複合体(さんかくせんいなんこつふくごうたい)

 

手首には、三角線維軟骨複合体(さんかくせんいなんこつふくごうたい)という組織があります。TFCCとも呼ばれます。

 

下記のイラストを見てください。オレンジの部分が、三角線維軟骨複合体(さんかくせんいなんこつふくごうたい)です。

14-2

 

三角線維軟骨複合体(さんかくせんいなんこつふくごうたい)は、手首の骨を支え、外側からの衝撃を吸収するという重要な役割を果たしています。

当事務所には、年間約200件にのぼる交通事故・後遺障害のご相談が寄せられます。
多くは福岡県内の方ですが、県外からのご相談者もいらっしゃいます。

詳しくは「解決事例」へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412