後遺障害コラム

筋萎縮検査、腱反射の異常がない場合の12級の認定

2014年04月05日 土曜日


病院で行った神経学的テストでは、筋萎縮もありませんし、深部腱反射も正常とのことでした。
症状固定後もなお、強い痺れの症状が残っているのですが、12級13号の認定がされる可能性はありますか。


筋萎縮がなく、腱反射も正常な場合、後遺障害12級13号の認定がされる可能性は低いと考えられます。。

このような場合、MRIでの画像所見を確認することとなりますが、MRI画像上で明確な神経根の圧迫所見があったとしても、神経学的テストにより、症状が裏付けられていないとして、12級が否定されることとなります。

12級の認定においては、いくら本人が痛みや痺れを訴えても、客観性の高い神経学的なテストによる立証がされないと、非該当もしくは、14級の認定となります。

どうしても検査結果に納得がいかない場合、腱反射テストについては、検査者や検査方法によって、結果が異なることもありますので、他院で専門医等の再検査を受けることも考えられます。

後遺障害でお悩みの方へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412