後遺障害コラム

症状固定後(治療終了後)の通院の可否について

2014年04月05日 土曜日


医師から、症状固定という診断がされ、相手方の保険会社からの治療費の支払も終了しました。
しかし、まだ痛みや痺れがあるので、通院を続けたいのですが、継続して通院を行ってもかまわないでしょうか。


治療を継続してもかまいません。

むちうちでも後遺障害が認定されるようケースでは、症状固定後においても痺れ等が持続することが考えられます。
ただし、症状固定後の治療費は、原則として、自費(健康保険等)での治療となります。

後遺障害の異議申立を行う場合には、症状固定後の治療状況(治療内容や投薬内容、治療日数)を立証材料として異議申立を行い後遺障害が認められた事例もあります。

後遺障害でお悩みの方へ

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412