後遺障害とは (基礎知識)

『後遺障害』とは何でしょう?

『後遺障害』とは何でしょう?のイメージ

後遺症とは、事故にあって病院で治療をしたけれども、なお残ってしまった身体・精神の症状や障害をいいます。

後遺症と後遺障害の違い

交通事故では、自賠責保険制度によって、等級が定まっております。

「後遺障害」は「後遺症」の中から、自賠責の後遺障害等級に該当する症状をいいます。後遺症との大きな違いは、後遺障害が「労働能力の喪失(低下)」を伴うという点です。

後遺症の中でも、自賠責の等級に該当するものを「後遺障害」と呼びます。

※「後遺障害」とは、自動車損害賠償補償法で認められた用語であり、身体障害者手帳にいう「障害」とは異なります。

後遺障害の認定要件

  1. 交通事故によって受賞した精神的・肉体的な傷害であること
  2. 傷害が、将来においても回復の見込めない状態であること
  3. 事故と、症状固定時期に残存する症状との間に「因果関係」があること
  4. その症状が「医学的」に立証・説明ができること
  5. 「労働能力の喪失」を伴うこと
  6. 後遺症の内容・程度が、定められた約140区分の自賠責保険の個別認定基準に該当すること

後遺障害認定のポイント

後遺障害事例を障害から探す

後遺障害事例を部位から探す

後遺障害でお悩みの方へ、
相談料・着手金は0円!!

完全成功報酬で負担のない交通事故相談。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メールフォームでのお問合せは

無料相談申込み

お電話でのお問合せは

0120-983-412

または、092-741-2160

福岡・天神 弁護士法人アジア総合法律事務所

完全成功報酬で負担のない交通事故相談

『後遺障害』でお悩みの方へ 相談料・着手料は0円!!

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい!

営業時間 : 平日9:00~18:00 定休日 : 土日祝

メールからのお問合せ

ご相談専用ダイヤル(携帯・PHS OK)

0120-983-412